メニュー

Cornes Motorsコーンズ・モータースについて

1861年

「コーンズ」の創業は、江戸時代

わたしたち「コーンズ」の創業は、1861年まで遡ります。
日本では、激動の幕末14代将軍・徳川家茂の時代。一人の英国人「フレデリック・コーンズ」の来日によりスタートします。
横浜の外国人居留地に設立した貿易会社「アスピナル・コーンズ・アンド・カンパニー」は、当初シルクやお茶の輸出を手がけ、ほどなく絹製品や金属、保険引受代行を始め、ついには英国のロイズ保険組合から、日本初の代理人に任命され、検査海損業務を開始することになります。
創業者「フレデリック・コーンズ」の死去や第2次世界大戦など幾多の苦難を乗り越え、国際商社として足場を固め成長を続けました。
1959年には米国ジョンソン・エンド・ジョンソンの代理人となり、皆さんもご存知の「バンドエイド」や「ベビーパウダー」などの大ヒット商品にも恵まれました。

横浜にあった旧オフィス

Cornes Motorsの歴史を紐解くと、
ハイラグジュアリーの歴史が見えてくる。

1964年 1964年

「ロールス・ロイス」と「ベントレー」の
正規輸入を開始

1960年代、日本はモータリゼーション勃興期を迎えます。
現在ではコーンズの代名詞ともなっている自動車事業として、
英国車の輸入を開始いたしました。
1964年には英国ロールス・ロイス & ベントレー・カーズ社の輸入権を獲得。
半世紀以上に渡り、ハイラグジュアリーカーの魅力を日本に広めてまいりました。

1976年

「フェラーリ」の正規輸入を開始

1970年代、当時の日本はスーパーカーブームの真っただ中。
そんなおり、1976年、コーンズはフェラーリの日本総代理店として契約。
最初の輸入は、308GT4,308GTBでした。
1976年は、日本で最初のF1グランプリが開催された年でもあります。
コーンズは、以降日本で開催される全てのF1グランプリにおいて
フェラーリF1チームのサポートを行い、
2008年のフェラーリ・ジャパン発足までこの関係は続きました。

2011年

「コーンズ・アンド・カンパニー」設立より、
150周年を迎える

150周年を迎え、総合商社グループとして環境分野から航空宇宙分野など
様々な方面に事業を拡大する中、2012年には自動車部門を独立させ、
「コーンズ・モータース」を設立しました。
新車の販売だけでなく中古車の買取・販売にも力を入れ、
益々ハイラグジュアリーカー分野でのトータルなサービスを展開しています。

2013年

「ランボルギーニ」の取り扱いを開始

2013年には、ランボルギーニの正規ディーラーとなり、新車販売のみならず、
メンテナンスやアフターフォロー、熟練メカニックが整備した
安心・安全の中古車販売も行っています。

2015年

フェラーリ・テーラーメイド専用拠点
「Cornes 青山アトリエ」を開設

2015年、フェラーリが提唱するパーソナライゼーションに特化した、アジアで初めてのアトリエ機能を持つ施設として「Cornes 青山アトリエ」を開設しました。
同年、名古屋市千種区に「Cornes 名古屋ショールーム」を移転・リニューアルし、更なるサービスの向上に努めています。
2016年には東雲サービスセンターⅡを設立。従来の東雲サービスセンターⅠと合わせ、関東エリアでの更なる利便性向上を図っています。