メニュー

News & Eventニュースイベント情報

2020.11.19
Lamborghini " Huracán STO " Debut !!

Lamborghini " Huracán STO " Debut !!

ランボルギーニは、現地時間2020年11月18日16:00、ウラカンの最新モデルとなる「ウラカン STO」を発表しました。

今回登場した「ウラカン STO」は本物のレーシングマシンが持つテクノロジーと、スリリングな感覚を兼ね備えた公道を走れる最高のレーシングモデルとなります。
Lamborghiniが数々の歴史的な勝利により築き上げ、長きにわたって培ってきたモータースポーツのノウハウが、今回の新型車「ウラカン STO」の中に凝縮されています。
高度なエアロダイナミクス、レーシングドライビングのダイナミックさ、軽量コンテンツ、そしてかつてない最高のパフォーマンスを誇るV10エンジンが、毎日のドライビングでレーストラックの感動を導き出すためだけに存在します。

エクステリアは軽量設計と機能的なデザインを組み合わせ、どこまでもピュアなパフォーマンスを表現しています。
Super Trofeo EVOの流れるような輪郭を彷彿とさせる「ウラカン STO」は、その形状が一から見直されました。
ボディパネルに75%以上にカーボンファイバーを採用し、エアロダイナミクスも改善されています。特筆すべきは、フロントボンネットとフェンダーを組み込んだ専用設計のボディピース「Cofango(コファンゴ)」で、フロントの空力性能を最大まで高めると同時に、軽量化も実現しています。
これらの効果によって、レースそのものの興奮をすぐさま感じることができます。

インテリアも同様に軽量化が追求され、カーボンファイバーを中心とする高品質素材が随所に使用されています。
ドアパネル、インテリアのディテール、シート、フロアマットに採用されているこの革新的かつ個性的な素材は、パーフェクトなスーパー・スポーツスタイルを実現するのみならず、アルカンターラ®とカーボンスキン®による上質な仕上げと見事に調和して、その性能と機能性を発揮します。
「ウラカン EVO」を思い起こさせる新型「ウラカン STO」のインテリア・ソリューションは、以前のモデルと比較して全体的な軽量化に貢献しています。
「ウラカン STO」のインテリアは、ハンドルを握った瞬間から他では味わえない感動を体感できる本物のレーシングマシンに仕上がっています。

※本ウェブサイトに掲載されているHuracán STOの画像やムービーは本国仕様となり、日本仕様と異なる場合があります。また、仕様は予告なく変更される場合があります。

現在、ランボルギーニ青山では近日中に正式予約を開始する予定です。
ご注文をご検討の場合はお早めにお問い合わせください。

皆さまからのお問い合わせをスタッフ一同、心よりお待ちしております。

Contactお問合わせ

  • ランボルギーニ青山

    コーンズ 青山ショールーム

    03-5413-2121
    〒107-0062
    東京都港区南青山2-5-17
    店舗情報
この記事をシェア