メニュー

News & Eventニュースイベント情報

2022.11.29

ネオクラシックカー
強化買取ご紹介キャンペーン
ネオクラシックカーの売却をお考えのご家族様、ご友人様をご紹介ください

高級輸入車の正規代理店を永年務めてきたコーンズだからこそできる安心・信頼・納得の査定・買い取りサービスです。現在下記モデルの強化買取を実施しております。

ネオクラシックカーの売却をお考えのご家族様、ご友人様をご紹介ください。
車両オーナー様ご本人からの買取依頼もお待ちしております。

期間中、ご成約いただいたご紹介者様、車両オーナー様には、コーンズのオーナー専用レストラン&バー「1861」での、特別ディナーをプレゼントいたします。
※2名様1組のチケットをご紹介者様とオーナー様に各1枚進呈いたします。

●本キャンペーンの注意事項

  • ご紹介いただく車両オーナー様のご了承を得て本キャンペーンにお申込みください。
  • コーンズ以外でご購入した車両も高価買取の対象とさせていただきます。
  • ご紹介者様は車両オーナー様の情報を弊社までご連絡いただく対応のみとなります。
    査定時の立会いなどは不要です。
お申込みはこちら

ご成約記念「スペシャルディナー」へのご招待

期間中、ご成約いただいた方には、コーンズのオーナー専用レストラン&バー「1861」での、特別ディナーをプレゼントいたします。


大切なパートナー / ご家族の皆様と、希少ワインを囲むリュクスなひと時をお楽しみください。

※誠に恐縮ですが、準備の都合上、ご来店希望日の一週間以上前でのご予約をお願い申し上げます。

強化買取モデル

Diabloは1970年~1980年代の「カウンタック」の後継車種である。前期のモデルはカウンタック同様にリトラクタブル・ヘッドライトを採用したが、1999年からフェイスリフトで日産・フェアレディZ(Z32)用のデンソー製(レンズはICHIKOH製)ヘッドライト部品をそっくり流用し、固定式ヘッドライトとなった。

Murciélagoは2001年のフランクフルトショーで発表されたDiabloの後継モデルにあたる。車名は19世紀に実在した伝説の闘牛に由来し、スペイン語でコウモリを意味している。鋼管によって複雑に組まれたフレームに斬新なデザインを纏ったボディのサイズは全長4580mm、全幅2045mm、全高1135mmと、Diabloから若干拡大。ホイールベースも延長し、2665mmとなった。

Gallardoは18世紀に多くの闘牛を生み出したブリーダー「フランチェスコ・ガヤルド」に由来している。1988年のジャルパが生産終了以来に復活した'ベビーランボ'とも言われている。

この記事をシェア
  • 新着