メニュー

News & Eventニュースイベント情報

2022.11.21
「1861」展示車情報 - December.2022-

「1861」展示車情報 - December.2022-

現在「1861」に展示中の車両をご紹介いたします。

- 展示モデルのご紹介 -

Ferrari F50

Ferrari F50

F40の登場から8年後となる1995年に登場したF50。本来、F40の後継となるスペチアーレであれば、フェラーリの創立50周年記念となる1997年に発表されるところを、1997年に限定台数349台の生産が完了することでそのアニバーサリーを祝うとアナウンスされました。


パワーユニットには自然吸気の4.7リッターV12エンジンを採用。F40とは異なり過給器をせず、5バルブDOHCのシリンダーヘッドなどの採用により、最高出力は520ps、最大トルクは48.0kgmを発生しました。カーボンコンポジット製となるモノコックタブを用いたシャシーはF1マシンを参考に設計が行われ、エンジンそのものにシャシーのストレスメンバーとしての機能が持たされています。


したがってエンジンはカーボンファイバー製のリアバルクヘッド部分に直接ボルトでとどめられ、そこにサスペンションアームが取り付けられるというF1マシンと同じシャシー構造になっています。この構造をして、F50を「公道を走ることができるF1マシン」といわしめる根拠になっています。

この記事をシェア
  • 新着