メニュー

News & Eventニュースイベント情報

2022.06.14

1861 x ポル・ロジェ
シャンパーニュと涼む特別な4日間のご案内

- コースのペアリングラインナップ -

ブリュット・レゼルヴ マグナム

シャルドネ33%、ピノ・ムニエ33%、ピノ・ノワール33%
約30種類のクリュをブレンド、デブルバージュ2回、100%MLF、リザーヴワイン25%、約4年瓶熟成。
ドザージュ8g/ℓ。 力強さとフィネスのバランスが取れた味わいが特徴です。シンプルでダイナミックなアタックの後に美しいハーモニーと心地よいフレッシュ感が広がります。アペリティフはもちろん、食事にも最適で多目的に楽しめるシャンパーニュ。

ロゼ・ヴィンテージ 2015

シャルドネ65%、ピノ・ノワール35%
ブ リュット・ヴィンテージにシャンパーニュ産の赤ワインを15%ブレンド。デブルバージュ2回、100%MLF、約6年瓶熟成。ドザージュ8g/ℓ。 ラズベリーとレッドカラントが溢れ、時間とともに野生のストロベリーが官能的なピノ・ノワールの特徴的な香りにいっそう引き立てられます。調和を成す赤い果実が続き、柑橘類の果実を感じさせる新鮮さと、リッチなストラクチャーのバランスが卓越しています。際立つ芳醇な質感で、濃密な風味に支えられたエレガントなストラクチャーが感じられます。

キュヴェ・サー・ウィンストン・チャーチル 2012

シャルドネ、ピノ・ノワール
非常に古いグラン・クリュのシャルドネとピノ・ノワールを使用、特別なアサンブラージュの比率は門外不出。デブルバージュ2回、100%MLF、約9年瓶熟成。ドザージュ7g/ℓ。 ポル・ロジェのシャンパーニュをこよなく愛した元イギリス首相チャーチルへのオマージュを捧げたプレステージ・キュヴェ。チャーチル氏の好みであったフルボディで力強く、熟成したスタイルで造られています。時間とともに繊細なミネラルがその堂々とした重みにフィネスをもたらします。男性的なシャンパーニュで非常に忘れがたい印象を与えます。

フルール・ド・ミラヴァル・ロゼ (イー・アール・ワン)

シャルドネ75%、ピノ・ノワール25%
異なる年代のシャルドネにセニエで抽出した若いピノノワールをブレンド。リザーヴ・ワインはソレラシステムで樽熟したシャルドネ。3年熟成。光を通さない特殊加工のボトルを使用。ドザージュ4,5 g/ℓ。 玉ねぎの皮のような淡く繊細な色。レッド・カラントやラズベリーのキリっとした酸が、ミネラルや塩味、シャルドネ由来のヨード香に活気をもたらしています。

ミュジニー・グラン・クリュ 2017

ピノ・ノワール100% 石が多い土壌は水はけが良く、昼間吸収した熱を夜放出するため、よく熟したブドウが獲れる。17ヶ月樽熟成。軽やかで官能的な香りはスミレ、スパイス、さらにトースト。 シルキーで柔らかい口当たり、甘草、スパイス、ミントのフレーヴァー。

▶ ポル・ロジェについて

1849年に設立したポル・ロジェは『気品と優美』を哲学とし、格調高いシャンパーニュを生み出す家族経営ワイナリーです。ブドウ本来の繊細な味わいを引き出すため、木樽を一切使用せずステンレスタンクで醸造し、今でも職人の手作業によるルミュアージュを守り続けています。エペルネで最も深い地下セラーで長期熟成させる事で極上の泡を伴うシャンパーニュが生まれます。その品質は元イギリス首相チャーチルをも虜にし、2004年に英国王室御用達に任命されました。また、2011年・2018年のロイヤル・ウエディングでも提供され、国際的に高い評価を得ています。

▶ サー・ウィンストン・チャーチルとポル・ロジェ

ポル・ロジェ家と元イギリス首相チャーチルの関係は、第二次世界大戦直後のパリの英国大使館で開かれた昼食会で、ポル・ロジェの愛好家であったチャーチルとエレガントで美しいオデット・ポル・ロジェが出会った事から始まります。その時に芽生えた友情はチャーチルの死後も続き今日も両家は強い絆で結ばれています。チャーチルは職務上、厳しい制限によりシャンパーニュ通り44番地のワイナリーを訪れることはできませんでしたが、「世界で最も飲み応えのある住所」と評しました。また、所有する競走馬に“ポル・ロジェ”と命名し、1965年に亡くなるまでポル・ロジェを飲み続けました。

▶ フルール・ド・ミラヴァル

ワインと芸術の世界を融合したミラヴァルを成功へと導いたブラッド・ピットとファミーユ・ペランは、シャンパーニュ地方で6世代に渡りワイン造りを行うペテルス家を迎え、ロゼに特化した唯一のシャンパーニュハウス「フルール・ド・ミラヴァル」を設立。ワイン生産者としての知識、技術、情熱を集結し、5年に渡り極秘に行った研究・リサーチ・テイスティングの集大成となるワインです。

▶ ドメーヌ・ジャック・プリウール

18世紀末にムルソーに設立されたブルゴーニュでも屈指のドメーヌの1つです。コート・ド・ニュイとコート・ド・ボーヌのプルミエ・クリュ、グラン・クリュを中心とした21ヘクタールの畑を所有し、モンラッシェ、シャンベルタン、ミュジニーなど素晴らしいワインを生み出しています。1990年より醸造に携わるナディーヌ・ギュブランは、フランスの有名ワイン雑誌“レヴュー・ド・ヴァン・ド・フランス”で1998年に女性で初めてベストワインメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いた実力者です。類まれなるテロワールを重視したワインは美しい色合い、複雑なアロマ、そして芳醇な味わいを湛えています。

この記事をシェア
  • 新着