メニュー

Message代表挨拶

日頃より格別のお引き立てを賜り、心より御礼申し上げます。

私達コーンズの歴史は、1861年(文久元年)に遡ります。
開国直後である激動の幕末、14代将軍・徳川家茂の時代にフレデリック・コーンズが日英貿易を開始したことを発端に、多分野にわたる事業を展開し、歴史ある外資系総合商社として歩んで参りました。

その中でも自動車事業の歴史は長く、1964年にロールス・ロイスとベントレー、1976年にフェラーリの正規輸入代理店として、日本国内のハイラグジュアリー・カー市場発展の一翼を担って参りました。
そして2013年、新たにランボルギーニの正規ディーラーとして販売を開始いたしました。

これら4ブランドの中古車販売やアフターサービスにも、力を入れております。

私達には、長きにわたり築き上げてきた経験と知識がございます。
これは、様々なお客様と接した大切な時間の積み重ねであり、何よりの財産であると感じております。

単に車という商品をお届けするだけではなく、個々のお客様と向き合い、アフターフォローを含めた全てのサイクルにおいて包括的なサポートを提供するという事を心掛け、社員一同、ますます皆様のご期待に添えますよう、一生懸命努力を重ねて参ります。

今後とも末永くご支援、ご愛顧を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

コーンズ・モーターズ株式会社 代表取締役社長 猿丸 安人