Huracán EVO RWD

ウラカン エボ RWD

最高のパフォーマンスをピュアな後輪駆動で味わう

V10エンジンを搭載するミッドシップ4WDスーパーカー、ウラカン シリーズがシャシーやパワーユニット、内外装を大幅にアップデートしウラカンEVOに進化。そのクーペとスパイダーに続く新たなラインナップが、2020年1月4日(現地時間)に発表された後輪駆動モデルのウラカンEVO RWDです。



ウラカンEVOのクーペおよびスパイダーはモダンランボルギーニでお馴染みの4WDを採用していますが、ウラカンEVO RWDではイタリアンスーパーカーの伝統ともいえるミッドシップ後輪駆動に変更。フロントの駆動システムを取り除き、重量を1389kg(乾燥重量)に軽減し、より運動性能を向上させています。ウラカンEVOで定評ある軽量アルミニウムとカーボンファイバー製からなるハイブリッドシャシー、アルミニウムと熱可塑性樹脂によって構築されるボディに変更はありません。



ミッドシップされる5.2リッターV10エンジンは、最高出力が610ps/8000rpm、最大トルクが560Nm/6500rpmに抑えられますが、パワーウェイトレシオは2.28kg/psとなっており、0-100km/h加速が3.3秒、最高速が325km/hという動力性能を実現しています。40:60の前後重量配分やパッシブショックアブソーバーが搭載されたダブルウィッシュボーン式サスペンション、電気機械式サーボアシスト付きのランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)、最新のパフォーマンス・トラクション・コントロール・システム(P-TCS)の採用などによって「運転する喜びをもたらす後輪駆動の走り」が楽しめるように設計されています。

Overview

モデル概要

後輪駆動用に専用チューニングされた電子デバイス

P-TCS はステアリングホイール下部に設けられたイタリア語で魂を意味するドライビングモードANIMA(Adaptive Network Intelligent Management=アニマ)によって、コントロールすることができます。このANIMAもRWD専用に調整されており、「STRADA」モードではグリップの低い路面でシステムが先を見越しトルクを管理、「SPORT」モードではドリフト走行が楽しめるよう後輪のなスライドは許容しつつ、急激なオーバーステアを検知すると駆動トルクを抑制し車両の挙動を安定させます。



もっともスポーティな「CORSA」の場合は、コーナー出口で最適なトラクションを得られるようタイヤのグリップ力を判断しながら後輪のスリップ量を調整します。このパフォーマンスは、先代の後輪駆動モデル、ウラカン RWDよりも大幅に向上されています。トラクションの制御は約30%スムーズになり、コーナー出口では約20%、オーバーステア時には約30%トラクション性能が向上しています。



さらに、LDSとリンクしながら性能を発揮する後輪操舵機構や電光石火のギアチェンジを可能にした7 速デュアルクラッチ・ギアボックス、クロスドリル加工ベンチレーテッド・

スチールブレーキを備えるなど、走りに関する装備に抜かりはありません。日常走行はもちろんのこと、サーキットでパフォーマンスが存分に引き出せる後輪駆動専用にプログラミングされた電子デバイスや高性能な装備の採用も、ウラカンEVO RWDの特徴といえます。

Movie

スペシャルムービー

Photo Gallery

フォトギャラリー

Technology

テクノロジー

Huracán EVO RWD

外装デザインもウラカンRWD専用に開発



ウラカンEVO RWDは、V10ランボルギーニのパワフルなデザインを引き継いでいますが、フロントとリアセクションは既存のモデルとは大きく異なります。大型化されたフロントのエアインテークに新しいフロントスプリッターと垂直フィンを備え、グロスブラックのリアバンパーにはこのモデルだけの最新ディフューザーが装着され、軽快感とパフォーマンスの両立を印象付けます。



コックピットでは、センターコンソールに 8.4 インチの HMI タッチスクリーンを搭載。エアコンやオーディオ、車両のセッティングなどあらゆる機能をコントロールできるだけでなく、電話やインターネットなどさまざまな接続手段のほか、Apple CarPlayも利用可能になっています。



内外装ともに、ランボルギーニのAd Personamプログラムの多彩なオプションを用いて

カラーやトリムを自由にカスタマイズできます。また、新色としてのウラカンEVO RWDフォルムを際立たせるイエロー(Giallo Belenus)もラインナップに加わりました。インテリアトリムには、エクステリアカラーにぴったりとマッチする専用レザーとアルカンターラ・カラーも用意されています。



パワフルで軽快感あふれる、ミッドシップ後輪駆動のイタリアンスーパーカーらしい走りと、最新のインフォテインメントシステム、そして専用のデザインが採用されたウラカンEVO RWDは、ウラカン シリーズに新たな価値観をもたらすモデルといえるでしょう。

Specifications

スペック/諸元情報

乗車定員

2 名

ハンドル

左 / 右

全長/全幅/全高

4,520 mm / 1,933 mm / 1,165 mm

ホイールベース

2,620 mm

車両(乾燥)重量

1,389 kg

タイヤ

前:245/35 Z R19
後:305/35Z R19

駆動形式

電子制御式リアホイールドライブシステム

エンジンタイプ

V10エンジン、90度、MPI (マルチポイント噴射) + DSI (直接層状燃料噴射)

最高出力

610 CV (449 kW) @ 8,000 rpm

最大トルク

560 Nm @ 6,500 rpm

排気量

5,204 cc

ミッション形式

7 速デュアルクラッチ・ギアボックス LDF (ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ)

最高速度

325 km/h

0-100km/h

3.3 秒

*本数値は、2019年12月のメーカー発表値となります。(EU仕様)
*日本仕様とは異なる場合があります。

Price

プライス

車両本体価格(税込)
¥ 26,539,635

RECOMMEND

おすすめ情報

ランボルギーニの査定・買取を強化しています。

コーンズ・モータースでは、認定中古車の販売、お車の査定・買取を強化しております。
大切なお車をランボルギーニ正規ディーラーであるコーンズ・モータースから次のオーナ様へお引き渡しいたします。