Aventador S Roadster

アヴェンタドール S ロードスター

Lamborghini Aventador S Roadster

息を呑むほどに華麗なオープンエアーでのドライビング

アヴェンタドールS ロードスターは、ミッド・リアエンジンV12を搭載した唯一のロードスターバーションのスーパースポーツカーです。
クラス最高の性能を誇り、カラーやトリムを多数取り揃え、新素材とカーボンファイバーを豊富に使用しています。

ランボルギーニ・アド・ペルソナムのパーソナライゼーション・プログラムも活用できます。アヴェンタドールS ロードスターは、
無限のポテンシャルを持つスーパースポーツカーと言えるでしょう。

Overview

モデル概要

Lamborghini Aventador S Roadster

空力とスペース – エアロダイナミックなロードスター・デザイン

アヴェンタドールSロードスターは、ランボルギーニのデザインDNAおよび、大規模な空力テストの結果が組み合わさり、アヴェンタドールSならではのデザインとロードスターのユニークな特徴が反映されています。

車体後部はクーペとはまったく異なるラインを持ち、ロードスターならではのエアロダイナミクスを発揮します。リアウィンドウから車体後部へと流れるエンジンブリッジは、ボディカラーおよびマットブラック仕上げのカーボンファイバー製エンジンボンネット・ブレードのバイカラーとなります。V12エンジンをそのまま見せるトランスペアレント・オプションもご用意しています。

着脱可能な流線型のハードトップパネルは、重さわずか6キロ弱。広い車内空間を確保するため外側に膨らんだ形状で、マットブラック仕上げのカーボンファイバーを使用しています。
オプションにはハイグロスブラックや光沢仕上げの剥き出しカーボンファイバーをご用意しており、アド・ペルソナムによるカスタマイゼーションも可能です。簡易なファスニングシステムを採用したことにより、ルーフパネルを素早く外してフロントトランクに収納することができます。
リアウィンドウは運転席のボタンにより開閉が可能で、V12の力強いエンジン音をいつでもお楽しみいただけます。またオープンエアーで走行中にリアウィンドウを閉めると、ノイズやエアフローを最小限に抑えることができます。

Movie

スペシャルムービー

Photo Gallery

フォトギャラリー

Technology

テクノロジー

Aventador S Roadster

アヴェンタドールSロードスターの「S」は、新モデルのデザインとテクノロジーの進化を表しています。
四輪駆動と新アクティブ・サスペンション、新四輪ステアリングシステム、EGOドライビングモードを採用しています。さらにサスペンションと電子制御システムを全面的に再開発しました。トータルな制御コンセプトにより、優れたドライビング、乗り心地、そして性能を実現しています。

新四輪ステアリングシステムによって強化された横方向制御により、低速での俊敏性と高速での安定性が向上しました。
ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)により、俊敏な反応と切れのいいターンが実現。最新プッシュロッド式サスペンションとリアスプリングにより、垂直方向制御も改善されました。
ランボルギーニ磁気レオロジーサスペンション(LMS)に改良を加え、新四輪操舵に採用しています。
新リアルタイム・ダンピング・システムを導入し、ハンドルと車体の制御とバランスを最適化したことで、地面をしっかり捉えた走行が可能になりました。

最適化されたESCシステムにより縦方向制御が向上し、選択した走行モードに応じて、より速く、より精密なトラクションコントロールと車両の制御が可能になりました。その結果、あらゆる条件下でグリップが最大化され、ハンドリングが強化されました。
四輪駆動のキャリブレーションにより安定した新後輪操舵が実現し、後輪のトルクが増加しました。オフのときは前輪に送られるトルクが減り、スポーティでありながら安全な走行ができます。

スピードと選択された走行モードに応じて、アクティブ・リアウィングが車体の空力バランスを最適化します。
また、総合的かつ大幅に強化されたエアロダイナミック・デザインにより、フロントのダウンフォースが前アヴェンタドールに比べて130%以上改善されました。
ウィングが最適な位置にあれば、高ダウンフォース下で50%を超える全体効率と400%を超えるロードラッグを実現します。
アヴェンタドールS ロードスターは、「ストラーダ」「スポーツ」「コルサ」さらに新「エゴ(EGO)」モードからなる4段階の走行モードを備えています。トラクション、ステアリング、サスペンションなどを調整し、車の走りのあらゆる面で違いをお楽しみいただけます。エゴモードなら、自分の運転スタイルに合わせ、各モードで自分好みの基準を設定することができます。

0-100km/h加速わずか3.0秒、トップスピードはアヴェンタドールSクーペと同じ350 km/hを誇ります。
6.5リッター V12エンジンの最大出力はクーペと同じ740 hpで、最大トルクは690 Nm (5,500 rpm)。
7速軽量ISRトランスミッションによりギアシフトのロボット化が実現し、50ミリ秒以内のギアシフトが可能となりました。
また、カーボンセラミック製ブレーキが標準装備されています。アヴェンタドールS用に開発されたピレリPゼロタイヤにはDione 20”/21”を装着。
車内のTFTデジタルダッシュボードは、ドライバーの好みに応じてカスタマイズ可能です。Apple CarPlay™ も標準装備されています。

Specifications

スペック/諸元情報

乗車定員

2

ハンドル

左 / 右

全長/全幅/全高

4,797 mm / 2,030 mm /1,136 mm

ホイールベース

2,700 mm

車両(乾燥)重量

1,625 kg

タイヤ

前:255/30 ZR20
後:355/25 ZR21

駆動形式

HALDEX Generation 4搭載 4輪駆動

エンジンタイプ

60°V型12気筒

最高出力

740 HP (544 kW) @ 8,400 rpm

最大トルク

690 Nm @ 5,500 rpm

排気量

6,498 cc

ミッション形式

7速 ISR

最高速度

350 km/h (217 mph)

0-100km/h

3.0秒

*2017年9月6日のメーカー発表値になります。
*日本仕様と異なる可能性があります。

Price

プライス

車両本体価格(税込)
¥ 50,916,331

RECOMMEND

おすすめ情報

ランボルギーニの査定・買取を強化しています。

コーンズ・モータースでは、認定中古車の販売、お車の査定・買取を強化しております。
大切なお車をランボルギーニ正規ディーラーであるコーンズ・モータースから次のオーナ様へお引き渡しいたします。