Aventador S Coupé

アヴェンタドール S クーペ

Lamborghini Aventador S Coupé

THE ICON REBORN

アイコンは唯一無二である必要があると考えます。そして絶え間ない挑戦こそが新しいAventador を生み出したのです。
Miura、Islero、Countach、Urraco から続く、歴史的なランボルギーニの哲学は、新しい Aventador S Coupé に受け継がれています。

740 HPを誇る新しい V12エンジン、 LDVA (Lamborghini Dinamica Veicolo Attiva:ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ) は、自身のエゴをたたえる全ての人に、今までに経験したことがないような、鮮烈なドライビング体験を提供する事でしょう。

Aventador ファミリーに新たに加わった S は、並外れたV12エンジンでアイコン的なフラッグシップモデルを受け継いでいます。あらゆる回転数における優れたリカバリー能力、素早い応答、息をのむようなエグゾーストノート、そしてさらに 40 HP パワフルになった出力がアスファルトの上で解き放たれ、純粋なパワーの証を見せてくれます。
スーパースポーツカーのパフォーマンスには極限に迫る敏捷性と、四輪操舵システムの操作性が融合し、今までにないようなダイナミックなドライビングが可能になり、最新式のオーダーメイドのドライビングモード EGO で自分だけのドライビングを体験できます。

Overview

モデル概要

Lamborghini Aventador S Coupé

ドライビング ダイナミックス

Aventador S Coupé には非常に洗練された頭脳が搭載されています。革新的なコントロールユニット Lamborghini Dinamica Veicolo Attiva (ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ、LDVA) は、車両の各ダイナミックアクスルを管理できるアクティブなテクノロジーシステムです。
車両のサイドのダイナミクスは、Lamborghini Dynamic Steering (ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング、LDS) と Lamborghini Rear-wheel Steering (ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング、LRS) を介して 4つのタイヤに作用するステアリングシステムにより制御されます。

車両の垂直方向のダイナミクスは、磁気レオロジーサスペンション (LMS) とリアのアクティブエアロダイナミクスにより制御されます。最後に、前後方向のダイナミクスは、全輪駆動システム (4WD) に依存します。LDVA は車のセンサーからの全ての情報をまとめ、どのような状況でも最適なドライビング設定をリアルタイムに決定します。その結果、パフォーマンスは完璧、かつ安全で、人の心を惹きつけます。

Movie

スペシャルムービー

Photo Gallery

フォトギャラリー

Technology

テクノロジー

Aventador S Coupé

「アヴェンタドール S」のシャーシには、引き続きアヴェンタドールの個性的かつ頑丈なアルミニウム・フレーム付き軽量カーボンファイバー・モノコックを採用しています。
その結果、乾燥重量は 1,575 kg に留まりました。

「アヴェンタドール S」は、最高のドライバビリティ、乗り心地およびパフォーマンスを目指す「トータル・コントロール・コンセプト」にもとづいて開発されました。
特にハンドリングとドライビングエモーションの向上にこだわり、サスペンションのみならず電気制御システムにおけるすべての面において進化を遂げています。

横方向制御を向上させたのが、今回ランボルギーニのシリーズ生産車に初採用となった新四輪ステアリングシステムです。
同システムにより、低速および中速時での俊敏性が高まり、高速時の安定性が増しました。また、フロントアクスルでは、より自然で高反応な感触とシャープなターンインを可能にするランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)と統合されています。
なお、LDS は、リアアクスルに搭載されたランボルギーニ・リアホイール・ステアリング (LRS) と統合する目的で、特別に採用されました。LRS は、ドライバーのステアリングに応じて 2 本のアクチュエーターが 5 ミリ秒の速度で反応し、リアルタイムでの角度およびコーナリング剛性の調整を可能にします。低速時にはフロントホイールがステアリング角度と逆方向を向き、ホイールベースを縮めます。これまでより小さいステアリング角度での走行が可能になるため、より俊敏性に富み、回転半径が小さく、カーブでも高パフォーマンスを発揮。街中や低速運転時での操作が簡単になりました。

一方、高速時では、フロントおよびリアホイールが同じステアリング角度をとり、ホイールベースを拡大。車体の安定につながり、反応性を最適化します。
垂直制御の要となるのが、新四輪ステアリングに合わせて運動学面での修正を施した最新式のプッシュロッドおよびランボルギーニ 磁気粘性サスペンション(LMS)。
新サスペンションについては、キャスターおよびシステムへの負荷を削減するために上下アームおよびホイールキャリアを装備するなど、LMS 用に形状を最適化しました。
新リアルタイム可変ダンピングシステムは、ホイールおよび車体制御を最適化するとともに均衡および地盤剛性を最大化します。また、新リアスプリングも、車体のバランス向上に貢献しています。

縦方向制御のベースとなるのが、新 ESC 戦略です。ドライビングモードに応じて、よりスピーディーかつ高精度なトラクションや車体力学の制御を叶えるべく改良された戦略です。

雪上や氷上などでのテストを重ね、「アヴェンタドール S」は粘性の検知度を高めることに成功。あらゆる状況下で最大のグリップを得られ、ハンドリング力が従来よりも高まりました。

また、車体を安定化させる効果を持つ新 LRS に合わせて常時四輪駆動を調整し、リアアクスルへのトルク配分を増加させました。スロットルの電源を切ったときにフロントアクスルへと移動するトルクを尐なくすることでオーバーステア挙動を可能にし、スポーティーでありながらも安全なドライブが可能です。

また、上記のシステムを管理するランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ(LDVA)制御ユニットを統合しました。LDVA は車の新たなブレーンとなり、車体の全センサーからリアルタイムで正確な車体動作関連情報を受信。瞬時に稼働中のシステムにとって最適な設定を決定し、あらゆる状況において最適な車両力学を実現します。

Specifications

スペック/諸元情報

乗車定員

2

ハンドル

左 / 右

全長/全幅/全高

4,797 mm / 2,030 mm /1,136 mm

ホイールベース

2,700 mm

車両(乾燥)重量

1,575 kg

タイヤ

前:255/30 ZR20
後:355/25 ZR21

駆動形式

HALDEX Generation 4搭載 4輪駆動

エンジンタイプ

60°V型12気筒

最高出力

740 HP (544 kW) @ 8,400 rpm

最大トルク

690 Nm @ 5,500 rpm

排気量

6,498 cc

ミッション形式

7 速 ISR

最高速度

350 km/h (217 mph) 以上

0-100km/h

2,9 秒

Price

プライス

車両本体価格(税込)
¥ 45,757,867

RECOMMEND

おすすめ情報

ランボルギーニの査定・買取を強化しています。

コーンズ・モータースでは、認定中古車の販売、お車の査定・買取を強化しております。
大切なお車をランボルギーニ正規ディーラーであるコーンズ・モータースから次のオーナ様へお引き渡しいたします。

ランボルギーニ青山公式インスタグラム

ランボルギーニ青山の公式インスタグラムでは、イベントの様子やSELEZIONE車両の紹介を配信しております。
Instagram限定の動画公開も行っておりますので、是非フォローをお願いいたします。